プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気長に見守ってみれば

比較的、教育ママ派イメージの私。
でも教えることは率先してするけれど、出来ないことには苛々はしないタイプ。

もちろんマナーが悪かったり、聞き分け悪いと怒ったりしますが、
勉強事は教えたことが出来なくても、気長に成長を見守れるようです。

出来なくて当たり前、そのうち理解出来るようになるさ、
むしろ時間をかけて覚えたことの方が身になる気がするのです。

ミュウの1歳半の頃から、お風呂場に100円ショップで購入した
九九のパズル(3の段まで)を置いていました。

主人には数も理解出来てないのに掛け算は飛躍しすぎ、と呆れ果てられました。
でも最初から掛け算を教える為に購入したのではなくて、単なるお風呂の遊び道具でした。

九九の答えの部分がパズルになっていてはめ込むのですが、
ミュウの自由に取ったらはめる取ったらはめるを繰り返してました。

その内、そのピースをお風呂に壁に貼り付けて、はらぺこあおむしの形を作ってみたり、蝶々や花を作ってみたり、そうこうしている間に中に書かれている数字が気になり始めて、数字ごとに分類し始めました。

私も頭のトレーニングで九九の段を英語で読み上げて遊んでいるうちに
《1の段》の規則的に並んでいることに気づいて、《1の段》だけを正しくはめました。

次に《2の段》は《1の段》とは違うことに気づきだして、
「なんか順番が変」と首を傾げだしたので、片付ける際は正しい答えを教えました。

それからしばらくして、私が九九の段を3の段まで読み上げると、
それ通りにパズルをはめていくようになったので、ちょっと感激しました。

なぜなら、ここまでにいたるのに約1年の月日が流れていたので。
嬉しくて現在は《4の段》から《6の段》のパズルを新調しましたよ。

resize0236_20111112084203.jpg

早期教育には賛否両論、もっとのびのび育てたい気持ちもあるのですが、
小学生になってから、長い時間机に座って勉強ごとは大変な気もするんですよね。

子供の能力にも個人差がありますし、授業は子供のペースでは学べませんし。
どんなに頑張っても勉強はやらされている、と思ってしまいますしね。

ちなみ英語で九九みたいな表現は簡単にこんな感じ。
《two times two is four》 = 《2 × 2 = 4》

普通に式を読むときにはこんな感じ。
《5 multiplied by 3 is 15》 = 《5 × 3 = 15》

ペコ・ムニュ「ああ、勉強しなくていい猫は極楽・極楽」
resize0237_20111112101628.jpg

ミュウちん、ゆっくりでいいから、スクスク成長してね。
blogram投票ボタン
子育てブログランキングに参加しております。応援クリック励みになります!!
子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメント

Secret

No title

勉強が好きになるかどうかは、楽しいかどうかだと思います。
こうやって遊びながら学んだらきっと好きになるでしょうね^^
だから学校の先生も池上先生みたいにたのしい授業をして欲しいな。
私の国語嫌いは小学校時代にあるようなもの....><
ま、大人になってから読書の楽しさに気付いてラッキーでしたが。
英語もね。必要に迫られ学んだからあんまり好きじゃない....
みゅうちゃんには楽しく学んで欲しいです^^

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。