プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に子育て英会話⑲

1歳8ヶ月から始めた母と娘の育児英語。
気長に続けて早1年10ヶ月目となろうとしています。

英語を押し付けることなくミュウが興味をひくものを中心にボキャブラリーを増やして、遊びの中にどんどん英語を取り入れる工夫をしています。

今は特に英語で書かれていることを読んでみたい書いてみたいという好奇心の芽がでてきたようなので、覚えたことは積極的に読んで教えてくれるようになりました。

ミュウの場合、始めたのが早かったので、もう英語に対する抵抗感はありません。
私の日常レベルの会話も、主人の努力レベルの会話も、アニメで聴く流暢な会話も、
ミュウはちゃんと解釈して返答できるのは、小さい頃からの英語環境が鍛えてくれたのだと思います。

ぜひとも英会話は親子で一歩ずつというのをお勧めしたいです。

さて。段々手先が器用になってきたので、ミュウと頻繁に折り紙をするようになりました。そこで少し覚えておくと日常でも役に立つ英語の要素がふんだんに使われてます。

よく使う用語をまとめてみました。

色紙の面を表にする ⇒ Colored side up (白紙の面 ⇒White side up)
半分に折り筋を作る(半分に折って、もういちど戻す) ⇒ fold in half and unfold
真ん中の折り目 ⇒Center crease
角を折る ⇒Fold corner
鋭角を折る ⇒ Fold point
下を折る ⇒ Fold bottom
内側から引き出す ⇒ Pull out inner flap
外側がに広げる ⇒Open oust side

とってもシンプルで初心者の方が読んでも、「ああそういうことか」と思いますよね。
ここであまりしならない単語は”Crease=折り目”ですね。
洋服にあるシワも”crease"とも読んだりします。

上の単語が口に馴染んで、一緒に折り紙が折れるようになったなら、
「〇〇までの折る」という表現を加えるともっと詳しく説明できてGOODです。

”Fold point to the center"とか。
”Fold this corner to center creasesとか。
”Fold bottom to the top"とか。

これなら子供と簡単に英語で折り紙が出来そうな気がしませんか?
指先を使い、声に出しながら、そうするとすんなり頭に入っていくから不思議です。

さて。ミュウはディズニープリンセス大好きです。
なのでプリンセスが歌ったクリスマスソングのアルバムを購入しました。

歌詞も読めないのに歌番をみながらきっちりめくって聴いています。
お気に入りの曲は何度でもマウスでクリックして、リピートするようになりました。

[広告] VPS

おそらくクリスマスの頃には好きな曲はあっという間に覚えてしまいそうです。
blogram投票ボタン
子育てブログランキングに参加しております。応援クリック励みになります!!
子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメント

Secret

No title

早くに始めた事と、奥様・ご主人の努力の賜物ですね^^
やはり一番近くに居る奥様が勉強されて英語を話す事でそれが普通の事と認識できているのでしょうから・・・
それにプリンセスが好きなのもかなりのプラスになりますよね^^
将来は留学も難なく出来るでしょうね^^ 本当に将来が楽しみですね^^

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。