プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママっ子ミュウちゃん/やってみたいこと

やはりママが大好きなミュウ。
私は結構厳しくて怒鳴ることは日常頻繁です。周囲がミュウにそこぶる甘いので、アメとムチではないですが、主人や祖父母がアメなら、私はムチなんです。

でもやはり感情的になって無駄に怒っているかな、と後悔することもあるので、「ママが言い過ぎてゴメンね」と謝ることもしょっちゅうです。

「いいよ。ママ大好きだから、許してあげる」と言われると、わが娘ながら「こんないい子だったけ?」と思うのです。もしかして4歳して親の心理をよまれているのでは、それは考えすぎかしらね。

時々、私はやっぱり教育ママよね。。やらせ過ぎよね。。。ムチ役ばかりの自分に悩むところなのですが、ミュウはそんな私にも必死についてきます。

やはり30分の学習も時々はミュウが集中して出来ないときもあります。
「同じミスは3回目はダメ。集中できないときはホームワークはやめよう」といって、私が席を離れてるとと目を潤ませながら、しばらくすると「ママ、もう1回やる。同じ間違いしない」と言ってきます。

疲れている時は必ず休む。勉強は短時間ですませる。集中出来ないときはやらない。「集中できないと身にならない」それが4歳児にいうことがと思うくらい厳しいかな、と思います。まずアクビしたら、「眠たいなら、休もう」ペンを指で回し始めたりして、「書くもので遊ぶならやめよう」です。

その分、頑張ったら沢山褒めるし、注意だけでなく、ひとついいところを見つけて褒めてから、「ここの部分は直すとはなまるだね」と言うようにしてます。

それでも比較的よく怒る方なので絶対にパパっ子なと思っていたのですが、それでも「だけど、やっぱりママが一番好き」なんだそうです。厳しさの愛情だというのを分かってもらえているのかな。

もっと優しくしなくちゃと反省しつつも、それもすぐに忘れて怒ってしまうのである。
ごめんよ、ミュウ。

さて。我が家の壁にはホワイトペーパーを貼り付けていて、ホワイトマーカーで自由に落書きできるスペースがあります。そこによく絵を描いて遊んでます。

この日は体験もしたこともない凧揚げの絵を描いてました。
DSC_0506.jpg

どうやら凧揚げをしてみたいようなのです。うーん。簡単に凧は手に入るけど飛ばせる場所がないのよね。公園も住宅地の中だからな、難しい。
DSC_0508.jpgDSC_0509.jpg

あとは大きい雪だるまを作ってみたいそうなのですが、それは私の父に温泉兼雪遊び計画できないか現在交渉中です。

あああ。ぼうっとしてたら年越してしまいそうですね。
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。