プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女だらけのUtoi家

幼稚園も年中ともなると、娘の園での様子も気にならなくなり、「楽しい!」と上機嫌で毎日通ってくれれば、それでいいや、ぐらいに過剰な心配は何もしなくなりました。

心配したって始まらないし、なるようになるしかないし。
幼稚園は親の立ち入る必要のない、娘の世界だと思えば、ミュウが「あのね、幼稚園でね…」と切り出さな限りは私の方から、あまり質問しなくなりました。

こうやって親子密接していた生活が距離を置くことによって、子離れ・親離れしていくんでしょうね。でも「ママ大好き」とミュウは毎日何度も言ってくれるので、そこは可愛いところ。照れずに気持ちを伝えられるのは、幼児期だけでしょうね。

ミュウが生まれたばかりの頃は、「そのうち、すぐに生意気になる」と主人は悲観的だったのですが、「パパもママも大好き」と娘に言われると、「きっとこのまま仲のいい家族でいるんじゃないか」と彼は言うようになりました。

だからといって、このまま甘ちゃんパパでいていいわけでもないのですが。
我が家は猫も含めて、主人以外が女だらけになってしまったので、プーさんがいなくなってからは、主人が「コラツ!」と声を荒げることも少なくなりました。(とにかくプーちゃんが盗み食いが激しかったもので)

なので、少し時間をおいて、運命的なボーイ(猫)に会えたら家族に迎え入れたいなという気持ちは私にもあります。それくらい、本当にプーがいなくなってからは、家は穏やかすぎるくらい静かです。

さて。Utoi家3姉妹は変わらず元気です。

DSC_0002.jpg

今までミュウのことは遊び相手としては認めてなかったムニュ。
彼女に名前を呼ばれたって、頑固として振り返りもしなかったのに。。

DSC_0004.jpg

でもミュウがお店でもらってきた風船が気になるようで。。。。

DSC_0006.jpg

ついにむずむずが我慢出来ずに猫パンチ炸裂!!

DSC_0007.jpg

「うひゃひゃ==!!」とミュウ大喜びでした。
スポンサーサイト

テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。