プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュウの交渉術/待てども待てども

節約に徹している今、娘に何が欲しいといわれても、「お金がない」の一言で却下する機会が多くなりました。財布に千円までしかいれず、お菓子が欲しいと言われても、財布をひろげて、「ママは200円しかないよ」とアピール。

そのせいでしょうか、ミュウはお買い物に行くと値札をよくみるようになりました。おそらくはなんとかして買ってもらいたいので、自分が欲しい中でも、一番安い物をチョイスして私にアピールするのです。

ミュウの大好物はチョコチップクッキー。私はそれよりも量が多いココナッツクッキーを選ぶのですが、それよりもチョコチップクッキーがお買い得品で安くなっていると、「ママ、チョコチップクッキーの方が安かったよ。買って。」とアピール。

なのでお菓子売り場のミュウの品定めの時間は長いです。「ミュウはこのクッキーが好きなんだけど、あっちより高いだよね。。。どうしよう」とチラチラと私の顔色をうかがってます。

〈ねるねるねーるね〉、という知育菓子も、色々と値段が差があって、私が安い方をすすめると、「こっちは2つ味があって、2回楽しめるから、高いんだよ」と交渉されます。

基本、自分の食べることしか頭にない娘。焼きプリンなどの高いデザートを一つカゴに入れて、「これ88円だよ。」と自分の分だけ持ってくるので、「それだとパパとママが食べれないじゃない。4個入りにしなさい」と言うと、「あれは高いから」と。

「4つで、174円でしょ。だから1個の値段は40円ぐらいだからお買い得なのよ」と私が言うと、「でも、あのカップは小さいし」と数より量の方を気にするのが、いかにも子供っぽい。「パパとママで一つずつ食べたら、2つ余るでしょう。2つミュウが食べれば量が同じでしょう」というと、「あ、そうか」と納得。

日々買い物は、ミュウに色々なことが学べるいい場所なのですが、徐々に知恵がついてくると、ミュウの言い負かされそうになるので、厄介です。

さて。歯のトレーニングで裂きイカやあたりめなどを毎日食べているのですが、ミュウが食べ始めるとペコが落ち着きません。

DSC_0125.jpg

この匂いがたまらないのでしょうか。ミュウをチラッとみては。。。

DSC_0126_20130913131429101.jpg

袋をチラッとみて、隙あらば奪おうと真剣です。

DSC_0127.jpg

これがミュウが食べ終わるまで続くので、ペコって諦めが悪い性格なんですね。
スポンサーサイト

テーマ : 我が家のニャンコ(=^・ェ・^=))ノ
ジャンル : ペット

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。