プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュウの気持ちの伝え方

かれこれ娘とHome workという名の自宅学習を始めたのはいつ頃だったか?
そもそものきっかけは遊びながら学習習慣をつけるのが目的でした。

最初のプリントはおそらく公文の迷路だったと記憶します。
それから、ひらがな、かず、図形、など発展していきました。

今は算数・国語は2年生ぐらいのレベルに進み、英語は英検3級を目標に音読や会話を勉強しています。学習時間は30分ときめて、時間調節をしながら娘の負担に感じない程度。

本人にHome workをどう感じているか、尋ねると、「とにかくやらなきゃという気分になるね」とサラっと娘に言われます。楽しい時もあれば苦の時もあるんでしょうね。

でも親の助言が欲しい時もあれば、絶対に自分で解きたい時もあるようで、徐々に勉強に自立心が湧いてきているのかもしれません。

国語の音読は絵がないので、空きスペースに読んだ内容を絵に描いてみたり、算数の計算は絶対に頭の中で計算します。本人のペースというのもあるので、時間をかけている時は問題数を減らすこともあります。

遊び盛りの年頃ですから、勉強が終わると、遊びの没頭時間も長いんです。ゲームは連続2時間以上は毎日しますし、パズルや粘土、工作、折り紙、お絵描きも寝る直前まで黙々とやっています。

私も面倒くさいので、「早く寝なさい」と言わず、「やりたいなら好きにしなさい」と言っています。条件としては、必ず片付けること、だけです。工作などは製作途中で眠ってしまって、私が片付けることもしばしばあるのですが、大抵は守ってくれています。

そんな娘がよく私に手紙やカードを作ってくれるんですよね。

DCIM0167.jpg

この手紙をもらった日、私は彼女に「なんでもパッパッ出来る子だったらママはいらないよ。子供っていうのは出来なくって当たり前と思いなさい」と説教をしていました。

算数の文章問題が解けずにくずる娘にいって、その日は勉強はそれでやめたのですが。その後に手紙を書いて、私にくれたんです。

娘に厳しくて怒ってばかりですが、「教えてくれて、ありがとう」という一文が嬉しかったですね。

折り紙を切るのが大好きなミュウは、特別な日でなくても「ママにカード作ってあげる」とメッセージカードを作ってくれます。

DCIM0168.jpg

子育ては大変。でも娘は私を頑張らせてくれる元気の源ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。