プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママがライバル/年少と年長

さてミュウがスペイン語の自宅学習を始めて、はや2カ月以上が経過しました。
私が勉強を後押ししているせいでしょうか、ミュウも本気度もあがってきました。

小さい頃から学んだ方が吸収力が早いというのは、本人も英語で学習済みなので、他の勉強よりも一番力をいれています。よくyoutubeなどで、プリキュワ・アイカツの動画を観るのですが、字幕が色んな国の言語だったりするので、字幕がスペイン語だと反応するようになりました。

彼女は言語にとても感心があり、新しい言語に触れても、わからなくてもダメだという拒絶がありません。むしろ耳慣れない音を楽しんでいるようにも感じます。

こういうタイプの子は語学を学ぶに柔軟な頭を持っているんだと感じます。
ロゼッタストーン(言語学習ソフト)でも音と写真と文字だけで、大体の意味を理解します。片っ端から単語の意味を知りたがることもありません。「ねえねえ、このwordは何か調べて?」と辞書を引くのは限られていて、彼女が想像していたのと違うかも、と疑問を感じた時だけ。

英語学習に支障はきたさないかと思ったのですが、言語が頭の中で別々の引き出しにはいっているようで、言葉が入り混じることは今のところないみたいです。

今のところ、ピアノも英語も私に教わっているミュウですが、スペイン語だけは同じ土俵からのスタート。そういった意味では、これならママに勝るかもという気持ちが表れてますね。

DCIM3401.jpg

「ママ、いちじくってスペイン語で知ってる?」と覚えると私に対して得意気です。こうしてはいられないと、私も空時間があればスペイン語の勉強をしていますよ。

娘にはまだまだ負けませんよ。

新しく年少さんがバス停に仲間入りして、ふと2年前の娘ってどうだったけ??と写真を振り返りたくなりました。下の写真が入園当初のミュウ。

P1000264_201404222251105b7.jpg

そして現在のミュウ。

DCIM0212.jpg

幼さもなくなり、今はお姉さんですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。