プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校・給食はじまり

先週の木曜日からいよいよ給食がはじまりました。
今週の火曜日から5時間授業も開始。朝、7時半に家を出ると帰宅が15時ごろになりました。

送り迎えをなくなった上、授業時間も長くなり、ますます娘と時間が減りました。
最初はちゃんと下校してこれるかととか、心配でそわそわしたり、早く家事や夕飯の支度まで終わって、あれまだ時間があるの?と感じたり。

そういえば、同じこと幼稚園の入園当初も同じように感じていました。
でも慣れてくると、「なんであっという間に帰ってくるの??」と5時間の保育時間があっという間でした。。

でも小学校入学から2週間も経過すると。。。
また同じように、「あれれ、もう下校時間じゃない」とはかどらない家事にいらいらしています。

時間の感覚も一人の過ごし方も、すぐに順応してしまうんですね。
彼女から下校すると、一人でいるよりもまたすっごく早く時間が過ぎてしまうんです。

今まで手を抜いていたお風呂掃除も毎日の掃除箇所を増やし、片付けたいと思っていた場所を片付け始めると、夕飯の支度も出来ないまま、娘の下校時間になってしまうから、とほほです。

それと暖かくなると主人が部屋の窓をがんがん開けてしまうので、猫たちの脱出が心配な季節です。
去年の夏の痛ましい事故がべランダを眺める度に思い出され、どにかせねばと思考錯誤で脱走防止のフェンスを取り付けています。
DCIM3797.jpg

かれこれ10日間が過ぎましたが、完成しません。
一日2時間くらいは、ああでもない、こうでもないと猫の入る隙も与えない防波堤を作っているのですが、アビのニョロがすっごく頭がよくて、そしてすっごく運動神経がいいので、改良しても改良しても器用に登ってしまいます。

DCIM3799.jpg

あげくの果てには、目の前で棒高飛びの選手かという跳躍で飛び越えられてしまいました。
主人は、「お前はすごいな。いい運動神経だ!」とニョロを褒め称えるのですが、私は去年の夏の悲劇が頭によぎり不安で不安でありません。

DCIM3800.jpg

特に主人があぶない。
2度の事故の発端は彼がしっかり網戸を閉めなかったり、フェンスを開けっ放しにしたせいでおきた事故だから、笑えないのである。

いっそう二重冊子の網戸にしたいくらい。
私にDIYが得意でないばかりに思い通りなものが完成しない。そして彼の協力がえられないジレンマが続いております。


スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。