プー(ロシアン・♂)
ムニュ(シンガ・♀)
2009.9.22-1
ペコ(オリエンタル・♀)
チョビ(雑種・♀)

推定の生年月日です。
リンク
カテゴリ
ブログで育てて植林する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書は万能

5月も慌しく過ぎて、もう6月です。
今年も半分経過しようとしていると思うと、はぁです。

小学校もとりあえずは登校拒否をすることなく毎日通ってくれていますから、色々と小さな問題はは起きているものの、うまくやり過ごしているという感じでしょうかね。

さて学校の勉強はさておき、自宅学習や習い事でスケジュールがいっぱいの娘。
彼女はご褒美の物欲にかられて漢字検定(8級)に申し込んでしまったので、3年生の範囲を必死に学習しています。3年生ともなると学校では辞書学習を始めるので、思い切って国語辞典を購入しました。

分からないのは彼女自身で調べて練習する方が時間はかかっても、定着すると考えました。
最初はブチブチ文句を言いながら辞書引きをしていましたが、徐々に習慣化して、漢字の学習の際は辞書と練習長を準備してから、勉強を始めてくれるようになりました。

定着したのを見計らって、次は漢字字典も購入。
読み方・書き方両方から自分自身できるよう移行してみました。

DCIM3835.jpg

漢字字典はミュウが活用してみて、とてもいいなと実感しました。
部首名も覚えられるし、画数が間違っているとみつからないので、何度も繰り返して画数を意識して数えるので、筆順などもついでに直せますよ。

辞書のいいところは、面倒でも自分で探すという作業が脳に刺激を残すのだと思います。これは英語も共通ですね。何でもパソコンでお手軽に検索できる時代になりましたが、勉強方法は今も昔も変わらずシンプルなのかもしれません。

語学学習が得意(好き)な方は共通して辞書は言語を学ぶのに一番いい教材だといいますね。小説を読むように辞書を読むと面白いらしいです。

以前、英語の原書なんて無理!!という拒否反応が私にもあったのですが、今は自然に英語を頭で受けいれらるようになってからは、英語の長文にストレスを感じないで読めるようになりました。

いつかは英英辞典を読めたらいいな、という憧れがあったのですが、そろそろチャレンジできそうかな。

私は長い時間をかけて、ようやく英語を英語で考えられる脳に変わってきましたが、ミュウは英語のみならず他の言語も抵抗もなく受け入れられる脳になっているみたいです。

どうして、そう思うのかというと、ミュウは他の言語をきいて意味がわからなくても拒否反応がありません。他の言語でアニメが流れていても、苦痛を感じずに観れてしまうんです。こういう子は、語学に強いタイプだと思います。

理解できないことが苦痛がない。それが語学の勉強の突破口なのかもしれませんね。

さて。我が家の坊ちゃんたち。
冷蔵庫の上が人気です。以前は先代ムニュしか乗れない高さだったんですけど。。。

DCIM3832.jpg

私を踏み台に降りてくることが頻繁にあるので、背中に感じる視線が恐怖です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

最新コメント
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。